119

たぬ美ちゃん大ピンチ・その7
    「うぅ…… はずかしいよぅ……」
    「大変だったね。でも小学生の下着なんて見てもなんとも思わないし……そんな気にしなくても良いんじゃないかな」
    「…………」
    「ほんと、全然! ちっとも! カケラも嬉しくないから。まだまだ子供だねー、うん」
    「…………(しょぼん)」
     たぬ美ちゃんはひとりでも頑張れる所を見てもらいたかったのです。でも結局失敗して、主人公くんの助けを借りることになって……あげくに、この子供扱い。
     すっかり、しょげかえってしまいました。
     (→その8に続く)