2018.07.14
 ぬいぐるみ用の小さいハンモックが壊れてしまいました。
 化学繊維の糸のところが経年劣化でボロボロになって、ちょっとひっぱっただけで切れてしまうようになったのです。
 それで修理することにしたのですが、自分で新しくハンモックを編むというのは大変なので、ブランコとして使うことにしました。
 写真のような感じです。
 前後の揺れだけじゃなくて、左右に揺らすこともできますよ。たのしいー!

 せっかくなのでGIFアニメにしてみました。
 このページに直接貼ると、見ていて酔う人もいると思うので、クリックすると表示するようにしてあります。↓
 ●たのしいたぬさんブランコ(前後)
 ●たのしいたぬさんブランコ(左右)



2018.07.04
 日本対ベルギー戦が終わりました。
 今回はNHKがネットでも試合を配信していたので、ラジオじゃなくてそっちで観ました。やっぱり映像で見れた方が面白いですね。
 試合の方は残念ながら、2対3で敗れてしまいました。
 うーん……残念! 惜しい! 悔しい!
 なんて言ったらいいんでしょうね〜……とにかく感動しましたよ。
 全力で攻めて、必死に守って……しかし結局最後は黒人&白人のパワーと、身長の高さに押し負けてしまうという悲しさ。
 素人ながら、どうすれば勝てていたのかと考えてみたのですが、何も思い付かないのでした。
 やっぱり自分たちも、せめて戦略とテクニックで補える程度までは、強くて高くならないとダメなんでしょうか……
 人種の壁……と考えると、すごく絶望的な気持ちになってしまうのですが、選手達や監督からはそんな言葉は出て来ていないので、そうではないのでしょう。
 きっといつの日か、もっと先まで進めるのだと信じて、応援し続けることにしましょう。

 4年に一度というニワカファンなんで……その点については申し訳ないのですが。



2018.07.01
 最近またコーヒーを飲み始めました。
 今まではコーヒーを飲むと、頭はふらふらするし、心臓はドキドキ、下痢になってその日は一日中トイレに通い続ける……というような状態だったので、できるだけ飲まないようにしていたのです。
 しかし味は好きなのでつい我慢できずに飲んでしまう……ということを繰り返していました。

 しかし最近ようやく体調の悪くならないコーヒーの飲み方がわかってきました。
 要するに……薬と同じ飲み方をすれば良いのです。
 食後すぐに水かお湯で飲んでください……というアレですね。
 朝起きてすぐ、眠気覚ましにコーヒーをぐいっと流し込む……なんてのは絶対にダメ!
 空きっ腹にカフェインが急激に吸収されて、一発で下痢になってしまいます。
 朝食の後も念のためコーヒーはパスして、昼食か夕食の後の、おなかがいっぱいの時に飲むようにしています。

 コーヒーに入れる砂糖の量は気持ち少なめに。
 砂糖は身体にすばやく吸収される性質があるので、砂糖をたくさん入れるとカフェインも一緒になってどばーっと身体に取り込まれてしまう危険がある……という仮説があります。私が考えた仮説です。
 なので、甘いお茶請けと一緒に苦いコーヒーを……というのもダメ。
 甘いお菓子に含まれている砂糖が、カフェインを身体に引き込んでしまいます。
 あくまで普通の食事のあとに、少なめの砂糖で適量のコーヒーを飲む……というのが良いのではないでしょうか。
 適量というのが難しいのですが、今のところは100均で買ってきた70mlくらいの小さいカップで飲むようにしています。
 豆の量は一杯に3gくらい。

 ミルクはコーヒー用に売っている普通のミルクを使っています。
 植物油脂を使ったこういうミルクは身体に悪いイメージがあったのですが、私の場合は動物性の牛乳だとかえって下痢をしてしまうみたいなので、植物性のミルクを使うことにしました。
 牛乳というのは本来人間の胃が消化できるようにはできていない……みたいな話もありますよね。

 ……というわけなのでした。
 今のところ下痢になるようなこともなく、おいしくコーヒーが飲めています。
 できれば300mlくらいのマグカップで、あま〜くしたコーヒーをぐびぐび飲みたいんですけどねー。


 サッカーのワールドカップは、ニワカながら私も楽しんで観ています。
 テレビが無いので、観るというよりはラジオで聞いたり、ネットで情報を追いかけたりといった程度なのですが。
 日本代表はグループリーグを突破できたみたいですね。めでたい!

 ほんとサッカーについてはニワカすぎて……大会が始まる前に本田さんがものすごく叩かれているのを知って「あれ? ついこの前まで本田△とか言ってたのに、どうしちゃったの?」といった感じでした。
 あれは2010年の大会の時のことでしたっけ? うわー時間が経つのは早いなー……
 それにしても何でもかんでも叩きまくるというのは良くないですね。
 サッカーに限らず、今に限らず……ですよ。
 ちょっとしたミスをあげつらってみんなでどわーっと叩いたりしていると、ミスを恐れて思い切ったプレイができなくなるかもしれないし、突出した才能を持った人がつぶれていってしまう……という危険もあるのではないでしょうか。
 ほんとスポーツに限らず「ちょっとしたミスを見つけてみんなで叩く!」というのが、世の中全体の閉塞感を生み出していると思うのです。
 大会がはじまってからも、せっかく良い結果を出していても「相手にレッドカードが出て運が良かっただけ」だとか「誰々のミスが無ければ引き分けじゃなくて勝っていた」だとか……「終盤にパス回しするのはずるい!」とかね。
 ポーランド戦についてはあの場面のみ切り出すのではなくて、試合全体で見るべきだと思うのです。
 前半にきっちり攻め込んで、互角かそれ以上の試合を展開できていたからこそ、あの場面のポーランド側の対応があったのではないでしょうか。
 ……まぁ私もニワカなんですけどね。
 次のベルギー戦はどうなるかなー?
 勝つんじゃないかな?
 私の予想では2対1くらいで勝つんじゃないでしょうか。
 前半と後半で1点ずつ入れて、後半の終了間際にベルギーが1点。
 リードした展開だったので控えの本田は温存したまま終了。
 そして次のブラジル戦では、本田がフル出場して2点取って勝ちますよ。
 ……というニワカ予想でした。
 こーゆうのはサッカー知らない方が当たるんですよ!?
 ヘンに知ったかぶりして、知った風なことを言うのが一番よろしくないのです。



2018.06.17
 ニコニ広告は、Sランクまであとちょっとになりました。
 あとは今月中に使わないといけないツキヅキチケットゴールドがあるので、火曜日の「ピカちんキット」の時にそれを回せば、目標のSランクに行けると思います。
 今月の残りの期間は、とりあえずデイリーは欠かさず引きつつ、ポイントが溜まったらクジを回して30日チケットに変換、来月への蓄えを作っておく……といった感じでしょうか。
 ちょっとやっていない人にはわけがわからないと思いますが、こんな感じで色々と戦略を立てながら楽しんでいるのでした。

 ちょっと話に出ましたが「ピカちんキット」は面白いですね。
 最初はキャラデザがどうかなーなんて思っていたのですが、慣れるとかわいく見えるようになって来ました。
 お話も正統派な子供向け作品といった感じなので、深夜アニメ系の作品に飽きてしまった時に見ると楽しいと思いますよ。
 それにしても毎週のように新商品のキットが登場というのは……すさまじいですね。
 全部集めるのも大変そうだけど、商品を開発する方も大変だと思います。
 このハイペースぶりから考えると……一年も放送しないうちに、さっと終わる予定なんですかね?
 うー……商品はゆっくりで良いから、できるだけ長く続けて欲しいなぁ……



2018.06.09
 ニコニ広告ですが、今月は順調にポイントが溜まっているので、来月はSランクに行けそうですね。
 だいぶポイントを溜めるコツがわかってきたような気がします。

 今月は自分の動画だけじゃなくて、手広く色々なジャンルの動画に広告を出すようにしています。
 広告を出すとその動画が何回検索にヒットしたかなどがわかるので、それを元に今のニコニコではどんな動画が人気があるかなんかが推測できて面白いですね。
 「初音ミク VOCALOID」タグが付いたマイナー動画を広告しても、思ったほど検索されてないみたいで……あー今のニコニコはそうなのかー……なんて思ったりしています。
 あとはアニメ関係の動画を広告する時は、出ている声優さんを調べて「広告タグ」というところに入るだけ入れておくのも、すごく有効っぽいです。
 やっぱり声優さんは強い。入りきらない時は男性声優を優先して入れると良いかも。
 つまり女性ファンの好き好きパワーというのが強いということなんですかね〜。
 自分なりに広告のデータを分析した感じだと、そのような印象を受けました。

 あとは自分の動画の「RTA」タグも強いっぽいですね。
 こんな昔の動画を上に持って来られても邪魔なんじゃー……と感じる方もいるかと思いますが、自分の動画はともかく、「あの動画でまた盛り上がりたいよねー」とか「もっと評価されるべき動画」を掘り起こしたりといった使い方もできるので、広告もそんなに悪くないと思いますよ。



2018.06.09
 3回目に応募した漫画「生きろタヌさん!」の評価が届きました。
 あんまり良い内容は書かれていなかったのと、先方もネットに出されるのは良く思わないだろうということで、点数の部分だけ写真で載せておきます。
 いやー、難しいものですね。
 絵だとか漫画的な技法については、仕上がった物を自分で確認した瞬間からもう「これはプロの作品として通用するレベルじゃないなー」というのはわかっていたので、この評価は納得しています。
 やはり少なくとも学生のうちから、同人誌とかでも良いので漫画をたくさん描いていないとダメですねー。所詮は付け焼き刃でした。
 あとはストーリーがどう評価されるかというのが気になっていたのですが……これも散々な評価ですね。厳しい!

 それにしても、評価する人によって採点の基準だとか講評文の書き方に、個性があるように感じますね。
 筆跡から判断すると2・3回目は同じ人っぽいのですが、こっちの人は駄目な部分だけをだーっと書いてくる感じなので、「そうですよね。なんかごめんなさい……」といった気持ちになってしまいます。
 1回目の人は、ダメな作品でも誉められる部分をひとつくらいは見つけて書いてくれるので「よーし、残念だったけど、もう少しがんばってみるか!」といった気持ちにさせてくれるのでした。
 評価を受ける側としては、当然1回目の人の方が好感度が高いです。
 しかし2・3回目の人も、厳しいながらも正しい評価ができているかというと……個人的には異を唱えたい部分もあるのでした。
 コマ割りなんかは、地味ながらもすらすらと読みやすく構成できていると思うんだけどなぁ……
 自分で気に入っているのは、タケノコが生えてくるページ。
 タヌさんが見上げているコマが下の方にあって……その見上げている先の左上のコマにタケノコの大ゴマがどーんとあるのです。別々の2コマなのに、ページ全体で見ると「タヌさんが、タケノコを見上げている」という配置になっていて……この構図はキレイにきまったなぁ……なんて勝手に思っていました。
 うーん……まぁいいや。
 1点2点にこだわっても、ダメなことには変わりはないので意味はないですね。

 ストーリーについては、「描きたいシーンを全て盛り込んでしまっているような印象を受け、冗長に感じます」といったようなことが書かれていました。
 これは自分でもその通りだと思います。
 55ページもあって、さらに1ページに8コマとか9コマでキツキツに詰め込んじゃってますよね……
 でもねー、言い訳というかただの独り言なのですが……短編だからといって、連載漫画の第一話的な、設定とキャラ紹介のパートだけ見せられて……面白いんですかね?
 ストーリーをきっちり、最後まで決着をつけて「あー面白かった!」と、映画を一本見終わったような読後感が得られるような作品にしたかったのです。
 「必要最小限の展開でまとめられるようシーンを取捨選択……」云々ということなのですが……これ以上は削れないですよ。
 どちらかというと1ページに5〜6コマで余裕を持たせて、さらに間を整えるような無駄ゴマも追加した上で全体として150ページ、単行本1冊できれいに入りきる……というような方向で考えた方が、より良くなるのではないかと自分では感じています。
 エピソードを削って、一般的な30ページ前後に収まるように……という方向で考えてしまうと、よりいっそうキツキツの詰め込み作品にしかならないんじゃないですかね。

 いや評価のキモは実はそこではないのかもしれない。
 パラメータ的な部分で語られるのみで、ストーリーの内容そのものに対して面白いともつまらないとも書かれていない……という点が最大の問題で、要するに箸にも棒にもかからなかった……ということなのでしょう。
 少なくともこの人の評価ではそうなのだと思います。

 う〜〜〜〜〜〜〜〜…………

 ちくしょぉぉぉぉぉぉう、アーススターのくせになに言ってんだよぉぉぉ!
 アーススターの漫画なんて異世界ノベルのコミカライズばっかりで、ぜんぜん面白くないじゃないかよぅ!

 はぁ……すっきり。
 気候も暖かくなって来たことですし、ちょっと気持ちを入れ替えて、別の方向の創作で頑張って行こうかなと思っています。



2018.04.08
 最近は「ニコニ広告」というものにハマっています。
 これは名前の通りニコニコ動画の広告機能なのですが、毎日ガチャを回すと無料で広告チケットが貰えるというものです。
 で、それを使って広告するとポイントがたまって、ポイントをたくさん貯めるとD〜S級の広告主ランクが上がっていく……というゲーム仕立ての広告システムなのでした。
 私はガチャを回すタイプのゲームはやったことがないのですが、ハマっている人の気持ちがなんとなくわかるような気がしてしまいました。

 広告を出しているのは主に自分で作った桃伝2の動画です。
 自分で自分の動画に広告を出すというのは、いわゆる「工作」みたいな形になってしまうので、あまり良く思わない人もいるかもしれません。
 しかしそこはまぁ……テレビなんかの一般の広告と一緒で、せっかく作った物がほしい人の目に適切に触れるように努力する……ということで、悪目立ちにならない程度でやっていけたらいいかなと思っています。



2018.03.31
 報告が遅れましたが、アーススター新人賞の結果発表がありました。
 ……今回も駄目でした。
 まぁ仕方ないですね。
 アーススターに限らずですが、webで連載されているような商業作品だとか、同人作品でもpixivでランキングに載っているような作品をざっと見てみると、やっぱりどれも上手いですもん。
 私なんかの作品が同じ場所に肩を並べるというのは……ちょっと考えられないです。
 今回応募した作品は、pixiv・ニコニコ静画・TINAMIの各サイトに置いておいたので、興味のある方は観ていただけたらと思います。

 自己評価としては、なんといっても絵が下手だったのが落選の原因だったのではないかと分析しています。
 ストーリーについては、自分としては納得していて……こういった形ですが、とりあえず完成した物を世の中に発表できたのは、良かったかなと思っています。
 自分で作品を作りたいと考えるのは、自分の好みにぴったりはまった作品が世の中に無いからでして…… 他の流行った作品をちょっといじってそれなりの面白さを……みたいなのはね……個人的には飽きてしまっているところがあるのです。
 自分がこれまでの人生で抱えて来たテーマみたいなものを「がーん」とぶつけて……それでいて暗くうじうじとしたものにはならないように、エンターテインメント性というか……明るく情熱的な、読んだあとに元気になれるような作品……に、したつもりではいます。
 まぁ内容についての判断は、読んだ人の感想が全てですよね。これ以上はうだうだ言わないことにしましょう。
 あと15年くらい早かったら、もうちょっと食らい付いていたかも……といったところでしょうか。

 あーしかし……アーススターはもういいや。
 もしも次に何か投稿するとしても、別のところにしたいと思います。
 新人賞の発表内容を第一回からずーっと追いかけているのですが、第三回目あたりから急にサイフの紐が固くなったというか、受賞件数を極端にしぼり込んで来ているんですよね。
 全体への講評文も、なんとなく疲れが見えるような気がしますね。
 おそらく3〜4回目あたりで編集長が変わっているのでは……と私の素人プロファイリングが言っております。
 (ちょっとは悔しいと思っているので、イヤミのひとつくらいは言わせてください)

 さて、漫画の方はとりあえずひと段落ということにして……次の目標に向かうことにしましょう。
 しばらく止まっていたゲーム制作の企画を再開することにします。
 企画書をもう一度整理し直して……作業量などもきちんと把握するようにして、また前みたいに投げ出してしまわないようにしましょう。
 当時はなんとなーく引っかかっていた点なども、時間を置いたせいかあっさりボツにする決断ができるようになりました。
 現在は、その結果によるゲーム部分の練り直しと、画面レイアウトの変更をざくっとしたところまで決めたところです。
 そして、荒い絵コンテみたいなものを描きながら、シナリオとイラスト・効果音など、必要な素材を確定させる作業を進めています。
 必要な素材が確定したら、次はそれを元に進行表みたいな物を作成。
 進行表ができれば、どれくらいの期間で完成させたいかという目標が、はっきり立てられるはずです。
 やっぱり締め切りがあった方が集中して作業できるということが、漫画を描いてみてわかったので、締め切りは作ろうと思います。
 漫画の時のような集中力が持続できれば、3〜4ヶ月くらいあれば完成するかな?
 でもそれくらいの時期だと、ダウンロード販売にちょうど夏コミケ向けの有名作品が並んで、私の下手な作品なんかは全く注目されないかもしれない……
 ということはもろもろの準備期間を長めに取って、9〜10月くらいが狙い目ですかね?
 ……なんて、まずは完成させないとお話にならないのでした。
 とにかく目の前のことだけを見て頑張ろう!


 アニメの話。
 妖怪ウォッチが最終回になってしまうようで、残念。
 しかし最近はピカちんキットが毎週の楽しみとなっています。
 キャラデザのクセがちょっと強い気もするのですが、やっぱりああいった藤子フォロワー的な作品は安心して楽しめますね。
 主人公が結婚願望……というか、女子に興味があるタイプなので、妖怪ウォッチよりも女の子キャラの出番が多そうな感じなのも良いです。
 ひなちゃんもギバちゃんもかわいい。
 これで3.5頭身くらいだったら最高なんだけどなぁ……

 それから「デスマーチではじまる異世界狂想曲」……の、OP曲について。
 ネットではあまり評判がよくないみたいなのですが、私は好きですよ。
 人の声をすごく大事にして曲を作っている気がするのです。
 オーディオとか自作スピーカーをやっていて最近の曲でとにかく不満なのは、ボハボハした低音だとか、人の声に近い高さの楽器なんかもおかまいなしで、ごちゃごちゃ音を乗せまくって……せっかくの歌が曲の中に埋まり込んでしまっているようなものなのです。
 そういった曲をなんとかしたくて、キレの良い低音だとか、中域の解像度やらを必死に追求しているのですが……もう最近の曲は人間の声を楽器のひとつくらいにしか考えていないんじゃないか……と気づきはじめてしまうと、なんかもう色々と追求するのもばからしくなってしまうのでした。
 しかし「デスマーチ〜」のOP曲はそんなことはなくて……声も楽器もお互いを邪魔することなく、最後まですっきりと、楽しく聞くことができるのでした。
 なんだやればできるじゃないか!(偉そう)
 歌手の人も堂々と声を張って歌っているし、私には下手には聞こえないですよ。
 アニメの内容については……普通ですね。



2018.02.25
 クリスマスプレゼントのミニルービックキューブが面白かったので、3×3×3の本格的なやつも買いましたよ。
 解き方は説明書に載っているので、それを読んでなんとか解けるようになりました。
 マスが増えている分、2×2×2よりも手順が複雑だったので、覚えるのにちょっと苦労しました。
 タイムも測ってみたのですが、ぎりぎり1分台が出るかどうか……といったところですね。
 ネットの動画を探してみると、10秒台とかが当たり前に出てしまう世界みたいです。さすがにそこまでは無理かな……
 あれはたぶん、解き方も手数が最短になるような……しかし分岐が膨大で覚えるのが難しいような……上級者向けの方法でやっているんじゃないかな?
 説明書の方法で10秒台というのは、無理じゃないかと思います。
 いや、動画を見ていると単純に指が動くスピードもすさまじいのですが……
 まぁ私は、暇な時にかちゃかちゃいじって、頭の体操をする程度に使いたいと思います。

 漫画の反省会の続き。
 最初に企画したような面白さが出せなかった……という話を前回書いたのですが、それとは別に、書いてある内容が伝わらないというような初歩的なレベルは、どうやらクリアできているんじゃないかと考えるようになりました。
 「このふきだしのセリフは誰が喋っているものなのかわからない」とか「コマ割りがごちゃごちゃしていて読みづらい」とか、そういった方向の伝わりにくさにはなっていないらしい……というのを、改めて講評文を読んでみて、私なりに読み取ったのでした。
 あと「専門的な話が難しくてついていけない」といったことも書かれていないので、そういった部分も、きちんと伝わる描き方ができていたみたいです。
 書いてあることは伝わった上で、「これじゃー教科書みたいで、漫画として面白くないよ!」というのが、講評文の趣旨なのではないか……と、解釈したのでした。
 うん、頑張ろう……



2018.02.11
 本を二冊読みました。
 二冊とも太平洋戦争を扱った内容です。

 一冊目は「大本営参謀の情報戦記(堀栄三)」。
 これは大本営の参謀だった本人が、本の作者となっています。
 タイトルの通り、大本営の参謀だった人のお話でした。
 大本営の情報部という部署で、色々と情報戦を繰り広げるという内容。
 中でも、米軍がフィリピンのマニラを攻撃する際の上陸地点と日にちを予想して、ズバリ当ててしまうというあたりは、「うーん、すごい!」と唸らされてしまいました。
 絶対そうなるという保証なんて無い中でも、そうだと言い切らないといけない緊張感なども伝わって来て、単純に読み物として面白かったです。
 あとは米軍の日本本土上陸作戦の上陸地点と時期なども当たっていたり、原爆を投下したB-29の動きも、ある程度はつかめていたみたいですよ。
 へーすごいなぁ……
 しかし当時から日本が情報というものを軽視して遅れをとっていたのも事実のようで、その辺りを考えさせられる内容でもありました。
 「情報」というのは現代の、戦争以外の分野でも大事な要素ですので、読んでいて心に響く人も多い題材なんじゃないでしょうか。
 いろいろと悪名の高い大本営なのですが、作者の感想ではその中の「作戦部」というところに、さらに深い「奥の院」みたいなところがあって、本当に大事な決定はそこでされているようだ……という話でした。
 せっかく上げた情報なんかも、そこで握りつぶされてしまったりということがあったとかなかったとかいう話です。
 

 二冊目は「不死身の特攻兵(鴻上尚史)」。
 特攻兵として9回出撃したものの、体当たりしないで爆弾を投下して、そのうち何回かは命中させたりもしつつ、終戦まで生き残った人のお話。
 佐々木友次という方の体験談を、作者の鴻上尚史さんがまとめた本です。
 正確には、佐々木さんの体験談を高木俊郎という方がまず本にして、鴻上さんがその内容と新たにインタビューした情報をもとにして本にしたのが、この本です。ちょっとややこしい。
 特攻という非常にデリケートな題材なのですが、特におかしなことは書かれていないと思います。
 賛美するわけでもなく、現代の視点でこき下ろすというほどでもなく、常識的な範囲の内容だと思います。
 しかしやっぱり……なんというか、平和な現代の感覚から見た、作者の主張みたいなものが混ざっているような感じはしてしまうのでした。
 題材の選択からしてまず、「戦争一色の風潮に、できる範囲で逆らった人」という、現代のフィルターに引っかかってくるようなものですし、「それを狂ったようにしかりつける上官」みたいなお約束のキャラクターも出て来ます。
 送り出す側の女性が、ここのシーンでぽろぽろと涙を流した……みたいな、さすがにそこまでの記録は無いだろー……みたいな、脚色されたような描写も目立ちます。
 それが全部本当だったとしても……上の本みたいな、体験した本人が書いたものを主に読んでいる私としては、どうしてもそういった、フィルターを通したような違和感を感じてしまうのでした。
 それが具体的に何なのか……というのは、自分でもまだよくわからないです。

 ひとつ思い付いたのは、「戦争に負けるということを、当時の人はどう受け止めていたか?」という視点が抜けているのかな……という点でしょうか。
 現代の感覚だと、戦争に負けても割とどうってことなかったようにも感じるし、むしろそのおかげで戦争をしない平和な日本があるんだぜー、民主主義万歳!! ……みたいなところがありますよね。
 戦争を計画した日本の偉い人が全部悪いんだ……と。
 負けが明らかなのに無駄にあがいて特攻とかして、いたずらに国民を死なすなんて狂っている……と。
 しかし、その時点では負けたあとどうなるかなんて、わからなかったんじゃないかな?
 ……自分もあまり詳しくはないので、この辺でやめておきます。

 「修羅の翼(角田和男)」という本からの引用も多いのですが、そっちは体験した本人が書いたものなので、そっちを読んだ方が得るものは多いと思いますよ。(以前読んだことがあります)
 本人が書いたからといっても記憶違いなどもあるので、それが歴史的に公認されているわけではないのですが……その人の中で生きている何かを吸収できるというのが、こういった本の面白さだと、私は考えています。
 なので間に伝達者が入ってしまうと、とたんにつまらなく感じてしまうのでしょうか?
 終戦の日にやっているドラマなんかも、その辺が鼻についてしまって、もうしばらく見ていないです。



2018.02.04
『2017年を振り返る企画』
 この近況報告やオフラインでの日記を元に2017年を振り返る、毎年恒例の企画です。
 もう2018年になってしまいましたが、2017年を振り返って行きましょう!

1月
●「第2回アーススター新人賞」に応募する漫画を描く。
 30日の夜に完成して、31日応募完了。

2月
●机を改造する。
 イスに座って使う用の机を、床に座って使えるように、足の部分のパーツを自作しました。

3月
●漫画の結果発表→ボツ
●スピーカーをいじる

4月
●「ヤマザキ春のパンまつり」でお皿を貰う
●「ネット依存症」みたいな状態を自覚し始めて、なんとかしたいと考えるようになる

5月
●ソルモナージュのRTA動画を作りたいなーと考えながら、チャートを作る

6月
●25日から「第4回アーススター新人賞」に応募する漫画を描き始める。
 6月中は人物などの設定画を進める
●歯医者に通い始める。色々悪いところがみつかって、結構長く通うことになる。

7月
●2日から本格的にネームに入る。
 30日の夜に完成して、31日に応募完了。
●選挙がありました。漫画の締め切りでいっぱいいっぱいでしたが、選挙は毎回行っております。

8月
●ライトボックスを購入。

9月
●漫画の結果発表→ボツ

10月
●選挙がありました

11月
●9日から「第6回アーススター新人賞」に応募する漫画を描き始める。
 絵の練習に3日。
 シナリオとラフネームに12日。
 人物や背景の設定画に7日。
●色々と悩む……とりあえず解決。

12月
●引き続き漫画制作中。
 設定画の続きでさらに12日。
 ネームに9日。
 下書きに10日。

1月(2018年)
●引き続き漫画制作中。
 下書きの続きでさらに13日。
 ペン入れで13日。
 PC作業に5日。
 締め切り当日(31日)の昼頃に完成して、無事応募できました。
●PCが不調。ハードディスクが時々認識しなくなる。


『まとめ』
●オーディオ関係
 2017年もなんだかんだでスピーカーをいじりました。
 4月くらいで満足できる状態になったので、以降はそのまま使いました。

●創作関係
 今年は漫画をたくさん描きました。
 2本完成させて、もう1本は2018年の1月いっぱいで完成させました。
 自分にしては結構頑張ったので、良い結果が出たらいいなーと思っています。
 シナリオ関係の作業が終わると、脳が余計なことを考える余裕を持ってしまうらしくて、過去のトラウマなどが蘇って悩んでしまう……という現象もありましたが、とりあえず克服。
 しかし悩みが頭の中でぐるぐるすることは無くなったものの、ペン入れしている時なんかは、うろ覚えの単語が頭にふっと浮かんでくるようなことが多かったです。
 海外のサッカー選手の名前とか、昔遊んだRPGの中ボスの名前……か何かが急に頭に浮かんで来るのでした。
 これはもう……人間の脳がそういう風にできているということなんですかね?
 あ、しかし無駄に悩んでいる間に設定画制作に19日もかかってしまったのは、さすがに駄目だと思います。これが無かったら、もう少し余裕を持って作業ができたのに……反省。

●書籍
 たくさん本を読みました。
 コンビニに置いてある本が、結構気になるタイトルをつけていることに気付いたので、今年はコンビニで本を買うことが多かったです。
 がららんど書籍賞は「平常心(ダイソー)」

●その他
 ソルモナージュのRTA動画を作ろうと思っていたところ、PCエンジンのCDドライブが動かなくて断念しました。
 しかし、最近になってちょっと原因に思い当たるところが出て来ました。
 電解コンデンサーの寿命……ではないでしょうか?
 2つある実機のうち、1台は音が出なくて、もう1台はCDが回らないのですが……音が出ない方は、ネットでコンデンサー交換で修理している記事があったので、それじゃないかなーと思っています。
 CDが回らない方も、コンデンサーが壊れているので回転開始に必要な電力(電圧?)が得られていないのではないでしょうか?
 今はちょっと他にやりたいことができてしまって、RTA熱は下がってしまったのですが、またやりたくなったら、このへんを当たってみたいと思います。

●映像作品
 今年はアニメ視聴は、いつもより少なめだったと思います。
 今までたくさん観すぎたこともあると思うのですが、なんとなーくどのアニメを観ても、テンプレ感というか、どこかで観たような気がするようになってしまいました。
 今まで観てこなかったようなジャンルを開拓したり、昔のアニメを発掘したり……といったことが必要かもしれませんね。
 最近「アニソンの歴史」みたいなタイトルのCDにはまっていて……昔のアニメの方が、音が良くて、曲もわかりやすくて、歌も上手いのですよ。私の感想ですが。
 音が良いというのはミキサーを使うようになった影響なんじゃないかと推測しています。
 そういった便利な物が無かった時代は、みんなでマイクの前に集まって、よーいどん! で一斉に歌って、演奏して……とやっていたと思うのですが、そういったやり方だとオーディオ的に音が劣化する要素が少ないと思うのです。
 で、そういったやり方をするためには、歌手も声量があって失敗しないで歌える人が選ばれるだろうし、ごちゃごちゃ音をのせまくるような曲も、作ろうとしても作れない……ということで、音が良くて、曲がわかりやすくて、歌が上手いアニソンが出来上がっていたのではないだろうか?
 まぁミキサーを使うなというのはひどいと思うのですが、曲はわかりやすくして欲しいなーと……勝手に思っているのです。
 歌の切れ目の部分に、合いの手みたいな形で音が乗って来る感じ。アレが最高に気持ち良い!
 「ハットリくん」とかそんな感じ。
 「サスケ」「キューティーハニー」「エースを狙え!」なんかも好きですね。
 がららんど映像作品賞は「蒲田行進曲」

 というわけで2017年を振り返ってみました。
 2018年もがららんどをよろしくお願いします。



2018.02.03
 今回出したのが第6回の新人賞なのですが、その前に出した第4回の評価シートが今日届きました。
 もう忘れられていて、来ないものだと思っていたので良かったです。
 このタイミングで来るということは……今回出した第6回の分に添付した用紙の[応募歴]という蘭を見て、「この人は第4回と第2回にも応募しているのか。どんな内容だったのかな?」みたいな感じで以前の作品を掘り出してきて、そこで返信用の封筒が入っているのをみつけてくれた……といった感じなのでしょうか?
 だとしたら以前の作品に興味を持って貰える程度には、今回の作品が評価されているのかな?
 いやいや、ごく当たり前の確認をしただけなのかもしれない。
 これはなにも特別なことじゃ〜ないんだよ……
 評価シートに書いてあった内容だって、とても賞まであと一歩なんて望みが持てるようなものじゃなかったし……
 うーむ……
 などなど、待つ側というのはどうしても不安になって、色々考えてしまうものですね。
 ここはおとなしく発表まで待つことにしましょう。

 さて、そうは言ってもようやくプロの編集者の評価が聞けたということで……ここで前回の作品「もぐの音響迷路」の反省会をしてみたいと思います。
 実は書いた側の狙いとしては「オーディオマニアというやつは、普通の人の感覚からはどこかズレた、アホな連中なんだよ!」というバカ漫画のつもりだったのです。
 そういった面が半分、残りの半分がマイナーな趣味を伝える実用的な側面……のつもりでした。
 よくネットでネタにされているのが、「発電所の電気の違いによって音が違う」とか「スピーカーケーブルを変えると音が変わる」といったものなのですが……そういった科学的に見る人からは鼻で笑われてしまうようなことを、オーディオマニア側の視点から自虐的に扱っていきたいな……といった狙いでした。
 なので教科書的な基本の部分は、最初からすっとばした内容になっているのです。
 物語冒頭で、「くしゃみで音のチェックをする」というのは、オーディオ評論家の長岡鉄男先生が、自衛隊の火砲だとか、ゼロ戦が頭上を飛ぶ音でスピーカーをチェックしていたという話をアレンジして取り入れています。
 教科書としては最初にやるべきではない話なのですが、「自作スピーカーをやってる奴ってヘン! 一般人には理解できない!」というエピソードを、最初に入れたかったのです。
 オチについても同じです。
 「吸音材にもエージングはあるよ! そういった点ではパンツなんか結構良いよ!」みたいなことを書いてあるスピーカーの教科書なんてものは無くて、「オーディオマニアって奴は、少しでも音を良くしたくて、悩みに悩んで……気がつくと船が山に登るような、一般人からするとおかしな発想に辿り着いてしまうものなんですよ!」……といった狙いで書いていたのでした。
 (全くのデタラメというわけではなくて、マニアの人が聞いたら「あ、たしかにそーゆう面はあるかも、試してみる価値はあるね……」と感じるような、ありえる線を狙ったつもりでした)
 で、反省点としては……そういった狙いが全く伝え切れなかった。
 自作スピーカーを知らない人からすると、ただの(インチキな)教科書に見えてしまう書き方になっていたようです。
 これはもう、書いた私の実力と配慮が足りなかったということで……読み手側に文句をつけているわけではわけではないですよ、一応。
 ……といったわけで、今回届いた評価シートやpixivなどのコメントを見て、「こういった書き方では伝わらないんだな……」と、反省したのでした。
 あとは絵ですね。
 直接言われたわけではないですが、自己評価として絵はダメでした。
 今回の第6回の作品では、ちょっとはなおっているといいな……



2018.02.01
 完成いい〜〜〜〜っ!!!

 あ、完成したのは昨日の1月31日です。
 無事に締め切りに間に合いました!

 作業最終日の朝にPCが固まった時にはどうなるかと、心臓がどきどきしてしまいましたが、普段と同じ症状だったので、いつものようにPCを開けてSATAの接続をいじくりまわしたところ、また起動できました。
 最終日は徹夜して、次の日の昼前くらいに完成。
 コンビニでプリントアウトして、封筒に宛名を書いて、原稿を梱包して、郵便局へ。
 今回は簡易書留で送って来ました。
 ちゃんと届いたかどうかが、ネットで確認できるので便利です。
 今日確認してみたところ、早くも届いていたみたいです。
 たった1日で東京まで行くもんなんですね〜。

 たくさん食べるとねむーくなってしまうので、原稿期間はあまり食べないようにしていました。
 甘い物、香辛料の強い物、カフェイン関係も胃の調子が悪くなってしまうので厳禁。
 でもそういったものの味は好きなので、今だけは記念に解禁です。
 昨日はネパール人がやっているカレー屋さんへ行って、口の中をやけどして戻って来て、さっそく下痢に。
 次の日はスーパーでコーヒーを買ってきて、MAJOR2ndの新刊を読みながら飲んで、読み終わったらまた下痢。
 今度はコーラとケーキを食べながら、完成記念のパーティーをしています。
 あぁ、幸せだなぁ……

 作品の出来の方ですが……ボツになった2作品を見ていただくと、今回もダメだろうね……と、この文章を読んでいる人は思っていると、私は思っているのですが、その2作品と同じ上昇率で今回の作品もまた進化しているんじゃないかと、私は感じています。
 それでもまだ顔の崩れがあったり、線がぎこちなかったりというのはあるのですが……やれるだけのことはやったので、あとは結果に身をゆだねるのみですね。
 発表は2月末日です。
 さて、どうなるかな〜。



2018.01.27
 漫画制作中。完成目標まで、あと4日くらい。
 ペン入れが終わりました!
 あとはPCで色々処理して完成です。
 がんばるぞー!



2018.01.19
 漫画制作中。完成目標まで、あと12日くらい。
 ペン入れ進行中。
 ペン入れは難しいですね。
 ふっと、すらすらペンが走る時があって、これでコツをつかんだかなー……と思っても、しばらくしたら元に戻ったりしています。
 ともかくやれるだけのことはやっているつもりです。
 ペン入れは1日6ページくらいのペースでやっていけば、最終しめきりに間に合いそうな感じです。
 6ページぎりぎりで仕上がって、「あぁ、今日も生き延びたなぁ……」みたいな感じでやっています。



2018.01.13
 漫画制作中。完成目標まで、あと18日くらい。
 下書きはなんとか終わりました!
 次はペン入れですね。
 頑張ろう!



2018.01.06
 漫画制作中。完成目標まで、あと25日くらい。
 下書き進行中。
 現在は後回しにしていたメインキャラ関係のコマをやっているところです。
 だいぶ慣れてきたので、思い通りの絵が描けなくて作業が止まってしまうということは無くなって来ました。
 あとは単純に時間との勝負ですね。

 PCの不調は無くなったと以前書きましたが、今度は別方向のトラブルが発生してしまいました。
 突然PCがぷっつり切れてしまって、再起動しようとしてもできない……
 ハードディスクのアクセスランプがついていなかったので、ハードディスク関係だろうと当たりを付けて、SATAの差し込み口を変えてみたところ、なんとか起動できるようになりました。
 PC関係は怖いなぁ……
 もうこんなことが無いように祈ります。



2018.01.01
 漫画制作中。完成目標まで、あと30日くらい。
 まだまだ下書きを進めているところです。
 1ページずつ順番にやっているわけではないので、全体のうちどれくらい進んでいるのか、わからないのがつらいところ。
 間に合うと信じてがんばろう!



2018.01.01
 あけましておめでとうございます!
 今年も「がららんど」をよろしくお願いします。



2017.12.25
 漫画制作中。完成目標まで、あと37日くらい。
 下書きを進めています。
 枠線、ふきだしが終わって、小さくて書きやすいコマを進めているところです。
 まだまだはじめたばかり……といった感じです。



2017.12.22
 漫画制作中。完成目標まで、あと40日くらい。
 ネームは無事完成しました。
 最高で一日8枚でした。予定よりは遅いけど自分としてはなかなか頑張った方だと思います。
 気持ちが乗ってくると、ネームなのについつい描き込みすぎてしまうので、思ったより時間がかかってしまうのが難しいところですね。
 次は下書きです。いよいよ原稿用紙の登場です。
 今回のネームをコンビニで拡大プリントして、それをアタリとして使いながら下書きして行きます。



2017.12.15
 お知らせ。
 「がららんど」で年末恒例でやっている企画、「たぬたぬさんのクリスマス」と「xxxx年を振り返る企画」の掲載は、来年の2月頃に延期することにしました。
 近況報告のリセットも、同じ時期に行う予定です。



2017.12.15
 漫画制作中。完成目標まで、あと47日くらい。
 設定画制作はなんとか終わりました。
 今回はちゃんとペン入れもして、仕上がりのイメージも大体つかめているので、安心して下描きができそうです。
 やっぱりペン入れをすると鉛筆の時とは印象が変わるので、もうちょっとここの書き込みを増やそう……とか、色々見えてくるところがあります。
 これは先にやっておいて良かったです。
 トーンを貼る部分は鉛筆塗りでの仮置きなんですが、大体近い仕上がりになるはず……
 スキャンして、PCでトーンを貼って、USBに入れてからコンビニでプリント……とやるのは、さすがに面倒でした。

 現在はネームの作業をやっております。
 前回の反省を活かして今回は……枠線とフキダシは確定レベル、人物などのアタリはしっかり取るけど無駄に書き込みはしない。……といった方針でやっています。
 あとはシナリオの段階で大体のコマ割りは決めてあるので、その分のスピードアップ効果もあったように感じています。
 1日10ページは行きたい。

 自分の手に合うシャーペンを発見したので、以前のように布切れをぐるぐる巻きにしなくても、指がぜんぜん痛くなりません。
 同じくつけペンの方も……今のところは布切れ無しで快適にペン入れできました。
 インクもPILOTの製図用に変えたので、ペン先のインクをこまめに拭き取って……という手間も省けそうです。
 パソコンも頻繁に起動に失敗していたのの原因が判明して、ほぼ確実に起動できるようになりました。
 というわけで、前回までとは違って色々と作業効率もアップしているはずなのです。
 できるできるできる! 絶対大丈夫! 間に合う! ぜったいできるーーーっ!
 ……ということで、前向きにがんばって行こうと思います。

 ちなみにパソコンの調子が悪かった原因ですが……PCケースの拡張スロット部分と、ビデオカードのサイズが微妙に合っていなかったらしくて、ネジ止めしてしばらく置いていると、ケースがビデオカードを引っこ抜くような力が働いてしまって……接触不良を起こしていたみたいです。
 ネジ止めはしないでビデオカードを指しっぱなしの状態で使うようにしてからは、不具合ゼロになりました。
 うちのPCはケースを横に寝かして、マザーボードが水平になるような置き方をしているので、ネジ止めしないからといってカードが勝手に抜けてくる……という心配も無いのです。



2017.12.09
 漫画制作中。完成目標まで、あと53日くらい。
 背景の設定は終わって、人物の設定を進めているところです。
 人物の設定は今日明日中くらいで終わらせて、さっさとネームに進みたいところ。
 前回もそうでしたが、設定おこしの工程はあまり気が乗らなくて、ついだらだらと時間ばかりとってしまいますね。
 早くお話に触れられるところへ行きたいです。

 集中するにはどうしたら良いのか?
 作業中、ついつい関係ないことが頭に湧いてしまいます。雑念ですね。
 やっぱりこれは目の前の作業が、どうやったらより良くなるか、考えながら手を動かすしかないのかなーなんて思うようになりました。
 漫然とやっていると雑念も湧いて来やすいようです。
 禅についての本で「食べる時には食べることだけを考え、寝る時には寝ることだけを考える」というのを読んだ覚えがありますが、そんな感じ。
 食べるなんて簡単なことで何を考えるのか……と捉えると意外と難しくなってしまうのですが、「より良くなるように工夫する」と考えれば、そのことだけに集中できるようになる気がします。
 まぁ、"禅"のレベルになると、さらにそこから先の「考えないで無心でやる」という段階まで行くんでしょうけど…… "無心"になる前には"考えながらやる"というのが必要なんじゃないかなぁと……
 考えながらやっているうちに、いつの間にか無心になっている……といった感じなんじゃないだろうか。
 最初からいきなり無心……というのは難しい。



2017.12.01
 完成目標の日まで、あと61日くらい。
 現在は設定画を起こしています。今は背景関係をやっているところです。
 やっぱりちょっと遅れ気味ですね。
 まだちょっと前回の終盤みたいに、がーっと……とは行けない感じです。



2017.11.25
 漫画を執筆中です。来年の1月31日までの完成を目指しています。
 なんとかシナリオは完成しました。全部で55ページにもなってしまいました。
 一応ページ数制限無しの賞で、「4コマ漫画1ページでもOK」という謳い文句でもあるので、多い方も問題無いでしょう。
 こういうのは多くても少なくても、最初の4ページくらいで判断しちゃうという話も聞きますし……
 ともかく「最後まで読んで貰える程度の画力!」というのを最初の4ページで見せつけないとお話にならないんじゃないか……というのが、前回までの投稿でなんとなく感じたことです。

 そういえば前回の投稿の評価シートがまだ来ないのです。
 そろそろ次の回の発表の時期なんだけどなぁ…
 前に貰った評価シートは結構参考になったし励みにもなっているので、早く欲しいな……
 ここまで来ないというのは、評価シートを"希望しない"の方のグループに間違って振り分けられてしまって、そのまま捨てられてしまったとか、そんな感じなんですかね。
 あとはよっぽど忙しいのか。

 ネットの方は調べ物をする時のついでで、やはりちょっとだけ見ちゃいますね。
 一度見始めると2時間くらいはあっという間に過ぎてしまうので、これは本当にやめたいです。

 「はじめの一歩」は一歩が負けちゃいましたね。早くも予想を外してしまいました。
 まぁ負けた方が、本格的に終わりを見据えたルートに突入するんだろうなぁ……という感じがするし、これはこれでありですね。
 新型デンプシーを見せられないまま会長が亡くなってしまって、そのことで一歩が重い十字架を背負ったような気持ちになって、狂ったようにボクシングに打ち込むようになる……とか、そんな感じになるんでしょうか。



2017.11.18
 漫画を執筆中です。来年の1月31日までの完成を目指しています。
 シナリオは33ページ分くらいまで完成しました。しかし今回はもうちょっと長い話になりそうなので、まだ未完成ということになります。
 結局、7日で完成させるという予定はオーバーしてしまいましたね。

 前回はメモ書きみたいなシナリオだったので、ネームにする時にコマに入りきる量の文章に再調整する必要があったので、大変だったのです。
 そこで今回はコマ割りも並行して進めて、きっちりコマに入りきる量を想定して文章を書くようにしています。
 ということは、半分ネームの工程も入って来ているので、そのぶん時間がかかってしまうのでした。
 この遅れはネームの時に取り戻せたら……いいなぁ。

 だいぶ執筆モードに切り替わってきて、ネット中毒みたいな症状はほぼ抜けてきました。
 あとは週に一回、この日記を上げる時にネットに繋ぐので、ついでに巡回するルートをどうするか……ですね。
 とりあえず、メールチェックとSNSチェックは外せないとして……アニメ視聴はどうしようか?
 妖怪ウォッチは最近人間キャラの出番が少ないので、もう無理して見るほどではないかなーなんて思い始めています。
 あとは、うまるちゃんとかも見たいのですが、これも無理して見るほどではないかな……
 と、断舎利のように色々切り捨てていくと……進捗報告とSNSチェックだけ済ませてさくっと終了……というのも、可能といえば可能になってしまいます。
 でもそれではあまりに味気ない。
 かといって"ちょっとだけ"のつもりで、少しネットを見てしまうと、"ついでにこれも"……みたいになって、またどんどんネットにはまり込んでしまうのが怖いですね。
 難しいところですね。
 まだ月単位で時間が残っているので、ちょっと油断があるんですかね。
 ……できるだけネットは見ない方向を目指していきたいと思います。



2017.11.11
 絵の練習期間は、とりあえず終了。
 一番気になっていたのは顔の崩れ……というか歪みだったので、その辺を重点的に練習しました。だらだらっと……ですけどねー。
 それ以外はほとんどやっていないわけですが、まだちょっとだけスケジュールに余裕があるので、残りはやりながら随時練習していこうかと思います。
 あとはネット中毒みたいになっていた生活習慣が、半分くらいは持ち直したかな……と思っています。
 さて、明日からは本格的な制作にとりかかりますよー。
 まずはシナリオ。7日間で完成の予定です。ここを前倒しで仕上げて、練習の時間を取りたいところですね。
 最終的な締め切りまでは、あと80日です。がんばろう!!!

 読む方の漫画の話ですが、やっぱり「はじめの一歩」は面白いですね。
 面白いと思うんだけどなぁ……ネットでは相変わらず叩かれまくっているみたいですね。
 私なんかはアニメから入ったニワカ読者なので、そういったライトな付き合い方が、逆に良い印象に繋がっているのかもしれません。
 漫画以外での作者の発言だとかツイッターなんかまでチェックし出すと、純粋に漫画だけの評価ができなくなって、ダメなんですかね……たぶん。
 個人的な今後の展開の予想を書いておきます。
 とりあえず試合には勝利した一歩は引退を考える。しかしここで会長死亡。
 会長のボクシングを受け継いでいる一歩は、「このボクシングを途中で終わらせてはいけない!」みたいに奮起して、本格的にチャンピオンを目指す。
 ちなみに鷹村は会長に持病があることを知っている。「責任とれよ」とか「全部背負えるのか」とか「時間がない」みたいな意味深な発言は、全部このことを指しているんじゃないでしょうか。
 あと網膜剥離か何かで右目が見えないのは、本当でしょう。
 そのことを一歩だけが気付いて、奮起するきっかけのひとつになるのかなー……なんて予想しております。

 それとパンチドランカーなので最短距離でチャンピオンを目指したい。ということで、リカルドのいる方の団体で挑戦することにします。で、そっちの団体の上位ランカーには(たぶん)宮田がいるので、宮田戦もここで実現。
 本来ならランキングに差がありすぎるのですが、あの時の借りを返してもらうぜ!…みたいな感じでどうでしょうか?